夢日記 アドバンスドスタイル Ver.2.0

Yahoo!ブログから移って来ました。

新たなポイント爆誕

何だか羽田が、最高なことになってるらしいのだ。
この奥のあたり?
作例を見る限り、かなり意欲がそそられる。

いちおう海上空港でありながら、ここまで撮影ポイントが充実してくるとなると、元々地形の問題ではなくてただ場所が用意されていなかっただけ、って話になる。
それは成田にも同じことが言えて、「ああこの辺りに公園でもあったらな」ということは多い。ただ成田は成田で、滑走路の新設やら延長やらで環境はだいぶ変わりそうだ。
今のところ、私的には羽田に軍配が上がる。羽田のクソさに嘆いていた昔の自分に教えてあげたい、「羽田は面白くなるよ」って。

違い

ロクヨン導入して最初の撮影で思ったこと、
羽田発着の(定期便)最小機材であるE190を撮って、「は~、こうなりますか。」と。
どうせトリミングしちゃうんだけど、「500mmと600mmは似たようなもん」という勝手な思い込みを一瞬で崩してきた。だからこの世に、500mmと600mmがそれぞれ存在するのだと。
ただこれから夏を迎えるわけだけど600mmの出番はあまりなさそうだ。稼働率上げたいけど、島行っても仕方ないし。

 

良い方の曇り

曇天で、飛行機写真的には天気悪い、、、って思いがちだけど、本当の曇天(航空気象でいうオーバーキャストくらい)だったら、こんなに機体はクリアに写らない。もっとザラつくはず。

これは、まあまあ晴れてるけど一部のバックが曇りというだけ。
個人的にはけっこう嫌いではない。

頭いいけどバカ

なかなか優秀だと思ってるAI画像生成アプリを使って、「背中を見せて旋回するボーイング787」ってプロンプトに入れて実行したら、アカンことになった。
簡単に言えば、「風呂場みたいな所で背中を見せてケツも見せてる女性」の画像が出てきたwww
なので当然見せれない。。

これは当然自分で撮ったやつだけど、時間をかけてでも、機材に金をかけてでも、やっぱりリアルなものを撮りに行く方がいいな。

ただ、件のアプリ、他のイメージ写真はけっこういい線行ってる。「世界の果ての大草原」とか、富士山のイメージカットとか。
なので飛行機写真が苦手っていうことなんだと解釈。残念?ではあるけど、上述の通り自分で行くから構わない。

つまらない朝


朝ちょっと時間があったので羽田に行ってみたけど、本当は南風吹くかなと思って16R離陸狙いのつもりが、北風運用。
北風の午前、しかも視程20kmって、もう撮る意味ないわけ。ちなみにこの視程なら島行ってもひねり狙いはパッとしないし、、、でもう詰みです。

なのでこんなのしか撮れず。午前順光とは言いつつも着陸は南側から来るので、結局半逆光であり、2時間弱いて総カット数52。下手したらひねり狙いで1便分の消費カット数に相当する。
「超つまんね」って独り言を残して、立ち去った。。